介護職員初任者研修 キャリアパス

介護職員初任者研修のキャリアパスについて

このたび、以前まであったホームヘルパー制度というのが変わったと聞いたので、そのあたりを調べてみました。この「介護職員初任者研修」によって、現状をどのように変えるというのかというあたりを、厚生労働省のホームページで調べてみました。

 

それは、平成23年1月にでた、「今後の介護人材養成のあり方について」が基本となっているようです。

 

1.現在のキャリアパスについて

 

現在のキャリアパスはどのようになっているのでしょうか。現在のキャリアパスは、養成体系が複雑なため、資格取得後のキャリアパスに充分な仕組みがないことが問題となっています。

 

現在、介護福祉士になろうと思えば、ホームヘルパー2級修了者・ホームヘルパー1級修了者・介護職員基礎研修修了者から、国家試験を受けて、介護福祉士になるという仕組みです。

 

この現在のキャリアパスの仕組みを見直して、今度の介護職員ん初任者研修に新しい仕組みが提案されています。

 

2今後のキャリアパスについて

 

今後のキャリアパスについては、養成体系が簡素化されました。現在のホームヘルパー2級研修相当は、初任者研修終了者となります。そこでは、在宅、施設で働く上で必要となる基本的な知識・技術を習得し指示を受けながら、介護業務を実践します。

 

次に、実務者研修を受けて、介護福祉士の国家試験を受けます。ここでは、利用者の状況像に応じた介護や、他の職種との連携などを行うための幅広い領域の知識・技術を習得し、的確な介護を実践します。養成施設から、ここのルートへ入るものもいます。

 

最後に、認定介護福祉士の設定です。多様な生活障害を持つ利用者に質の高い介護を提供します。介護技術の指導や、職種間連携のキーパーソンとなり、チームケアのしつを改善します。

 

このように、今後の「介護職員初任者研修」については、ここに紹介したような、今後のキャリアパスののしくみを見すえた改善が行われています。養成体系の見直しによって、新しい介護人材の仕組みができていくようです。