介護 仕事

介護に関わる様々な仕事

日本は超高齢社会に突入し、福祉や高齢者介護に関する問題は、より身近に感じ、関心を寄せる人の数も増えてきました。急速に少子高齢社会へと移り変わった日本では、高齢者・障害者福祉は社会の抱える大きな問題となっており、国をあげて様々な取り組みがされています。

 

現在、行政から民間まで福祉や介護に関わるサービスは数多く提供されており、それに伴い福祉や介護に関する専門的な仕事も増えています。

 

介護職員初任者・介護職員実務者・ケアマネジャー・介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士などそれぞれの活躍の場は、さらに大きく広がっています。また、介護を受ける高齢者は、抱える事情や介護における問題、深刻度もそれぞれ異ります。

 

単純に経済面の支援のみでは対処できない問題を解決するために、多種多様な介護サービスが求められ、次々と新しい業務が生まれてきたのです。しかしながら、そのサポート内容が重複したり複雑になり過ぎてしまうと、利用者にとって分かり辛く使い辛い介護サービスになってしまうことも確かです。

 

福祉に関する様々なサービス熟知し、各機関とのネットワークを通して、必要かつ最適なサポートを実施するキーパーソンとなることが、プロの介護職員や福祉士達の役割だと言えるでしょう。

 

介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士は、現在、介護現場・相談援助業務・精神障害者のサポートと職域を分けて仕事にあたっています。しかしながら、実際の介護や福祉の現場では、介護・福祉に関する専門家達で情報を共有したり、利用者への支援を連動させるケースも数多くあります。