介護職員初任者研修 資格 メリット

介護職員初任者研修の資格を取得するメリットとは?

介護職員初任者研修の資格を取得するメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

取得することにメリットがあれば、その資格を取得する意味について、新たな幅が出来ることになります。

 

ここでは、介護職員初任者研修の資格を取得するメリットについて、みていきたいと思います。

 

介護職員初任者研修のメリットは?

介護士として勤務したい場合には、実は介護士の資格は必須ではないのです。

 

求人に「無資格歓迎」という記載があるところもあり、無資格でも介護士になれるという可能性もあります。

 

ですが、やはり介護の対象となるのは、「要介護者」の方です。

 

自分の身内が介護される際、無資格で何の知識も無い介護士にお願いしたいと思うでしょうか。危険が伴う入浴介助なども、安心して任せることができるでしょうか。

 

その点について一度考えてもらえれば、自ずと答えは出てくるのではと思います。

 

やはり、介護士としての何らかの資格を所持しているという介護士であれば、しっかりと知識や技術を身につけているという事になりますので、安心できると思います。

 

このように、介護職員初任者研修の資格を取得することは、要介護者の方やその家族の方に、信頼していただき、安心していただくというメリットがあるのです。

 

また、就職に有利となるという点もメリットと言えます。

 

先ほど、無資格でも就職できるとご説明したのですが、無資格の方と、有資格者の方が並んだ場合、採用側としては有資格者を採用したいという気持ちがあります。

 

そのため、やはり介護職員初任者研修の資格を取得しているほうが、就職に有利となるのです。

 

また、自分の仕事に自信がもてることにより、利用者様によりよいサービスを行う事が出来るというメリットもあります。

 

そのことから、実務者研修へのステップアップという向上心が芽生えたり、介護福祉士を志すことが出来るというのも、一つのメリットです。

 

介護職員初任者研修は入門的資格でありながら、今後のキャリアアップへと繋がる重要な資格でもあるのです。