介護職員初任者 1日

介護職員初任者の1日のスケジュール

介護職員初任者の1日の業務スケジュールは、施設で働く場合と利用者の自宅を訪問する場合で違いが出できます。まず、施設で働く場合の一般的なスケジュールを紹介しましょう。

 

朝8時頃事業所に出勤。8時半から看護士やケアマネージャーと共にミーティング。このミーティングで利用者に関する注意点や変更内容などを確認します。ディサービスを利用する方の自宅への送迎をするためバスに乗ります。利用者と共にディサービスに戻ります。

 

午前中は、施設入居者とディサービス利用者で入浴する方を順々に浴室に案内し入浴介助をします。施設入居者には入浴前に排泄介助を行います。午前中は入浴介助をすると、それに伴い衣服の脱着介助、整美介助等などがあるのでそれで終了となります。

 

昼食時は食事介助または食事見守りをします。食事が終わるとレクリエーションがありますので、それに参加し利用者の見守りをします。午後3時頃、ディサービス利用者を自宅まで送るバスに乗り自宅に送ります。利用者の全員を自宅に送り事業所に戻って来ます。

 

次に訪問介護職員の1日のスケジュールを紹介しましょう。朝は施設で働く職員、看護士、ケアマネージャーと共にミーティング。朝7時頃からの訪問がある場合は、家から直接利用者宅でひと仕事をしてから事業所に行きミーティングに参加するということも珍しくありません。

 

ミーティングを終えて、午前中に2件ほど訪問介護をします。1時間の訪問を2件ほどこなし、昼は事業所に戻り休憩をします。午後から2、3件ほど訪問介護をして夕方事業所に戻って来ます。

 

昼食介助のある訪問介護に行く場合は、自分の休憩時間をずらして過ごします。また、夜の訪問介護がある場合、昼からの出勤になる場合があります。そういう時は、ミーティングには参加出来ないため内容の記載されたノートを確認の上、その日1日の仕事を始めます。

 

また、事業所によっては夜の訪問の後は直接家に帰宅することも出来ます。介護職員は頭も身体もかなり使いますがとてもやりがいのある仕事だと思います。