介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは?

「介護職員初任者研修」とは、旧「ホームヘルパー2級講座」「訪問介護員養成研修(1級〜3級)」「介護職員基礎研修」(すべて平成25年3月に廃止)を一元化した、介護業務に携わろうとする人のための研修です。

 

「介護職員初任者研修」は、厚生労働省が示した指針によって、平成25年度4月からスタートしており、都道府県ごとの実施要綱に基づき、指定された養成機関によって、研修が行われています。

 

介護人材のキャリアパスとしては、「初任者研修修了者⇒介護福祉士⇒認定介護福祉士」(厚生労働省)として位置づけられています。

 

「介護職員初任者研修」の内容(課程)は次の通りです。

 

1)職務の理解(6時間)
2)介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)
3)介護の基本(6時間)
4)介護・福祉サービスの理解と医療の連携(9時間)
5)介護におけるコミュニケーション技術(6時間)
6)老化の理解(6時間)
7)認知症の理解(6時間)
8)障害の理解(3時間)
9)こころとからだのしくみと生活支援技術(75時間)
…介護に必要な基礎的知識の確認、及び生活支援技術の習得状況の確認が行われます。
10)総括(4時間)

 

以上、合計130時間の学習となり、全課程終了後に筆記試験が実施され、試験への合格によって、修了認定を受けます。

 

すべての課程において、講義と演習を一体で実施すること、とされており、必要に応じて、施設の見学等の実習も行われます。

 

なお、旧体制での資格取得者に対する移行措置があり、次の資格保有者は、介護職員初任者研修を修了した者としてみなされます。

 

・「訪問介護員に関する1級・2級課程」「介護職員基礎研修」の修了者
・看護師の資格を持つ人
・「特別養護老人ホーム等の介護職員で実務経験を有する者」「指定居宅介護等の提供に当たる者として厚生労働大臣が定める者」
…「介護職員初任者研修課程」と同等の内容と認められる研修を受講している場合、都道府県の判断によって、該当する科目の受講が免除される場合があります。