介護職員初任者 今後

介護職員初任者の今後はどう?

スペシャリストへの道も可能に

かつて、介護職に就くための最初のステップとされた旧ホームヘルパー2級の資格ですが、キャリアとしての位置づけは、長く明確にされていませんでした。

 

ホームヘルパー2級は、介護の中でも特に肉体を使う仕事内容から、正社員よりもパートが多く、施設ではスタッフの定着が難しい原因の1つにもなってきました。このホームヘルパー2級の資格が、2013年4月以降、介護職員初任者として改められたのです。

 

さらに、介護職員初任者の資格は、高度な専門性を持つ上位資格へのステップアップも可能となり、国家資格である介護福祉士や、ケアマネジャーへのキャリアパスの扱いとなりました。キャリアを積み、施設を運営する側になることも可能と、介護のスペシャリストへの道筋がつけられたことになります。

 

上位資格という目標ができることによって仕事のモチベーションが向上することは間違いなく、今後、介護職員初任者の志望者は増加するものと思われます。

 

有資格者に求人が集まっている

2025年には介護関連のスタッフが現在より100万人前後が必要となるとされ、その10年先の2035年には、3人に1人が高齢者という“超高齢化社会”が待ち構えています。

 

現在、介護関連の福祉施設や医療施設はうなぎのぼりで増加していますが、入所待ちの人は数万人と言われ、今後、さらに増加が見込まれます。

 

ハローワークの求人欄にも、全国各地に多くの求人がありますが、パート・正社員ともに、必要な免許・資格として『介護職員初任者研修以上』を条件とする施設がほとんどとなっていました。未経験者や、資格のない人もOKとする施設では、仕事をしながら介護職員初任者の資格取得の支援を打ち出していました。

 

今後、介護職員初任者の需要は、増え続けていくのは間違いありません。介護職員初任者をスタート地点として、介護のスペシャリストへの可能性は、大きく広がっていると言えましょう。