介護職員初任者 仕事内容

介護職員初任者の仕事内容はどんなこと?

仕事の内容

介護職員初任者の仕事は、専門知識と技能を生かし、介護が必要な人の介助を行うことです。介護の内容は、食事・入浴・排泄の介助など、生活面のさまざまな場面に渡ります。

 

仕事先

仕事先は、介護を必要とする人々がいる場所や、介護や医療関連の施設です。

 

施設は『入所介護型施設』と『在宅介護型施設』に大別されます。
A.介護保険の被保険者である利用者にサービスを提供する施設(=介護保険が使える)
B.介護保険とは無関係の施設(=介護保険が使えない)

 

前者は、
1)グループホーム(認知症対応型共同生活介護)…認知症の高齢者が少人数で共同生活を送る。
2)介護老人保健施設(老健施設)…高齢者の介護をしながら家庭復帰を目指すことを目的に、医師の管理のもと、リハビリや栄養管理、介護を提供する。
3)介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)…お年寄りの介護を行いながら、機能訓練などを提供し、在宅復帰を目指す。
4)「介護療養型医療施設」…(2)(3)よりも重度の要介護者を受け入れる医療施設。

 

後者では、
5)訪問介護ステーション…要介護・要支援状態にある人の自宅を訪問し、介護や調理などの生活援助を行う。
6)通所介護(デイサービスセンター)…介護が必要な自宅住まいの人が入浴や食事、機能訓練などを利用するための施設。送迎も行う。
7)通所リハビリテーション(デイケアセンター)…病院や介護老人保健施設に通い、リハビリを通じて、身体機能の回復を目指すこと。
8)短期入所療養介護(ショートケア)…介護老人保健施設などに短期間入所し、医療や機能訓練、日常生活上の支援を受けるサービス。
9)短期入所生活介護(ショートステイ)…要介護者を介護する家族などが、病気や事故などで一時的に介護できない場合に、介護老人保健施設(2)などに短期間入所し、介護や機能訓練、医療の提供を受けること。

 

一方、介護保険と無関係の施設では、「養護老人ホーム」「軽費老人ホームA型」「同B型」「同C型(ケアハウス)」「有料老人ホーム」などがあります。

 

これらのすべての場が、介護職員初任者を求めているのです。