介護職員初任者 役割

介護職員初任者の役割とは?

介護職員初任者の役割とは、施設で、そして利用者の自宅で、実際に利用者と触れ合い、コミュニケーションをとりながら、生活面での総合的な介助を行うことです。

 

入所介護型施設

入所介護型施設(グループホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、他)での具体的な役割としては、利用者の食事・入浴・排せつをはじめ、着替えや移乗(ベッド⇔車椅子)・移動とした介助の全般に携わります。

 

また、施設で行われるクリスマス会などのイベントを企画・運営したり、日常生活の中でもカラオケなどのリクレーションを行います。

 

利用者の状況について、利用者の家族とのコミュニケーションをとることも大切な役割です。

 

介護施設の現場は、“チームケア”とも呼ばれ、各担当者の連携が欠かせません。ソーシャルワーカーや介護福祉士、パートのヘルパーまで、また、医療系の施設では、ドクターやナースら、多くのスタッフとの情報共有も必要です。

 

そのような状況のもと、利用者の生活のさまざまな場面に寄り添う介護職員初任者は、介助を通して利用者の身体的・精神的な状況をしっかり把握し、利用者についての正確な情報を各スタッフに伝達する大切な役割も担っています。

 

訪問介護

訪問介護は、数人でチームを組み、決められた日時に利用者の自宅に出向き、掃除・洗濯・買い物や調理といった家事全般に関わります(家事援助)。

 

利用者に代わって病院に薬を受け取りに行ったり、通院の介助を行うこともあります。

 

天気の良い日には、利用者をベッドから車椅子に移し(移乗)、車椅子を押して近所の公園へ行くなど、散歩の介助も行うこともあります。

 

寝たきり状態にある人の入浴介助や、麻痺のある人には、介護用の浴槽を持ち込んでの入浴サービスも行います。

 

住み慣れた自宅での生活を選んだ利用者が安心して自立した生活ができるように手助けをする介護職員初任者は、利用者の人生のQOL(生活の質)を高める役割をも、担っているのです。